暇つぶしに洋楽でも 3rd ♬

思いついたアルバムで書いています

ドゥービー・ストリート(ドゥービー・ブラザーズ)

◆今回は、ドゥービー・ストリート(ドゥービー・ブラザーズを紹介します。◆

『ドゥービー・ストリート』(原題:Takin' It to the Streets)は、アメリカ合衆国のロック・バンド、ドゥービー・ブラザーズが1976年に発表した6作目のスタジオ・アルバム。マイケル・マクドナルド加入後としては初のアルバムである。(ウィキペディアより)

 

Rio

youtu.beパトリック・シモンズとジェフ・バクスターの曲。イントロのドラムリフが印象的で、疾走感あふれる曲です。

 

【Turn It Loose】

youtu.beトム・ジョンストンが前作発表前に入院し、バンドに復帰した後の唯一の曲です。トムにとって、ドゥービー初期の最後の曲となりました。

 

【Carry Me Away】

youtu.beパトリック・シモンズ、ジェフ・バクスターマイケル・マクドナルドの曲。マイケルのカラー一色といったところでしょうか。


このアルバムを機にマイケル・マクドナルドが主導権を握り、トム・ジョンストンは去っていきました。